グループ訓練が開始されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加


3月22日(土曜日)つばさ吃音相談室では初めてとなるグループ訓練が実施されました。

定員である5名の参加者と見学の方が3名みえました。また、中日新聞の記者の方が取材のためにおみえになりました。

個別訓練とは異なる緊張感や恐怖感の中での発話に、参加者の方々も苦戦していたようでした。しかし、そこから実生活の場面で訓練の効果を感じるためには、何がどの程度足らないのかを知ることができるのではないかと思います。

グループ訓練の効果として
①個別訓練とは異なる緊張感という負荷の中での成功経験がもたらす、発話に対する不安や恐怖の軽減。
②人前での自分の発話を録音して聞き返したり、他人の発話を聞くことによって得られる客観的な聴覚的感覚。
③毎日の家庭での訓練のモチベーションの向上。
④自分以外の吃音のある方々との交流。
などがあげられるかと思います。

以上のようにグループ訓練には個別訓練にはない様々な効果があると思います。『個別訓練で培った話す技術を試す場所』として活用し、症状の改善に役立てて頂けたらと思います。

※グループ訓練中の写真を撮り忘れてしまいました!中日新聞の記者さんにお願いして何枚か頂いて後日公開したいと思います。申し訳ありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です