ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

第6回吃音交流会が開催されました。

平成29年6月18日、第6回吃音交流会が荒子川公園で開催されました。

当相談室を利用している中学生から大学生までの男女9名と、スタッフ5名の計14名でバーベキューを楽しみながら互いの吃音に関する思いや経験など語り合いました。

 

天気の心配がされたのですが、幸い雨は降らずに済みました。暑すぎることもなく、心地よい環境のなかで有意義な時間が過ごせたと思います。

食材も肉をはじめ、フランクフルトや野菜、デザートのスイカやメロン、焼きマシュマロや焼きリンゴまで用意されました。肉は食べきれる量をはるかに超える量が用意され、半分程度をスタッフが持ち帰るほどでした。

日頃の言語の訓練とは違った価値があった会になったのではないかと思います。それぞれ症状や環境は違うけれど、一人一人がそれぞれの目標に向かって努力していく、そのための活力を得られる機会になってくれればと思います。

参加してくれた皆様、有難うございました。

また次回の参加もお願い致します。

 

 

第5回吃音交流会(保護者の集い)が開催されました。

『第5回吃音交流会』が平成29年6月14日、つばさ吃音相談室近くのレンタルオフィスにて開催されました。

今回は”吃音のある子どもをもつ保護者を対象とした集い”として開催されました。

当相談室を利用されている方以外の参加もあり、保護者9名とスタッフ3名の計12名で約2時間、自由な雰囲気のなかで互いの情報や経験、不安、悩みを話し合いました。

日頃、当相談室を利用して頂くなかで、専門家の意見を聞く機会はあっても、同じ境遇の方の話を聞く機会は少ないのではないかと思います。今後もこのような交流会を継続的に開催し、保護者の抱える悩みや不安に対する包括的なサポートが提供できればと考えています。

参加して頂きました皆様、有難うございました。

 

 

 

長岡京市で講演会を開催しました。

平成29年5月28日(日)京都府長岡京市において

『吃音~私達には何ができるのか』というテーマで吃音講演会を開催しました。

京都で成人吃音の方を対象とした吃音抑制グループである『ゆっくり会』と『つばさの会』の協力によって開催されました。

当事者や保護者、ことばの教室の先生、言語聴覚士、言語聴覚士を目指す学生、市議会議員等の57名の参加があり、盛大な会となりました。

つばさ吃音相談室で言語訓練を受けている方に司会を行って頂いたり、体験談を発表して頂きました。

自分自身の言葉で自分自身の経験や思いを語って頂き、参加者からは感動した、前向きになった、気持ちや状況が伝わってきた等の感想が聞かれました。その他にも参加して新しい気付きがあったとの感想もありました。

 

今回の講演会が、参加して頂いた皆さまの今後の人生の”何らかのヒント”になればと思います。

参加して頂きました皆様、準備をして頂いた皆様、本当にありがとうございました。

H28年クリスマス会が開催されました。

12月25日(日)に千成コミュニティーセンターにてクリスマス会を行いました。

約33名の参加で、にぎやかな会となりなした。

今年はなんと、クリスマスソングを演奏しながら歌ってくださる方が来てくれました!

間近で生の演奏&迫力のある歌声を聞くことはあまりないと思います。本当に素敵でした。クリスマスに関するクイズなどを交えて楽しく進行して頂けたので、とっても良かったです。

もう一つ新たな試みとして、参加者の有志による特技披露がありました。

得意のバスケットボールでドリブルを披露してくれた男の子、とってもかっこよかったです。緊張の中、あんなに上手く動けるものなんですね。

ピアノで「エリーゼのために」を弾いてくれた子も、とても上手で思わず聴き入ってしまいました。あんなに上手に弾けられたら楽しいだろうなぁと思いました☆

得意の電気工作を使って○×クイズを披露してくれた子もいて、凄かったです!どういう仕組みで動いているのか、さっぱりわからなかったです(;´・ω・)

最後は、吹奏楽部の女の子がクラリネットを演奏してくれました。クラリネットを生で見たことも聴いたこともなかったので、本当に感激しました。

皆さん、本当に素晴らしかったです。ありがとうございました!!

他にも、ケーキを食べたり、ビンゴ大会があったり、サンタが登場したりと盛りだくさんのプログラムでしたが、皆さん楽しんで頂けたでしょうか。

体調不良でお休みとなった方が10名近くいましたが、また来年には元気に参加していただけたらと思います。

 

最後に、今回お手伝いをして下さったボランティアの皆様へ。

今回のクリスマス会がとても楽しく、安全に開催できたのはボランティアの方々のおかげです。

本当にありがとうございました。

吃音講演会が開催されました。

平成28年11月3日(木・祝)三重県四日市市総合会館において

『吃音のある子どもをどう支援していくのか』というテーマで吃音講演会を開催しました。

言葉の教室や学校の先生、病院の言語聴覚士、その他の支援施設の支援員、保護者、多種多様の吃音のある子どもを支援する立場の方々のご参加を頂き、定員の40名を超える盛大な会となりました。

つばさ吃音相談室で言語訓練を受けている成人の方々に体験談を発表して頂きました。自分自身の言葉で、自分自身の経験や思いを語って頂いたことで、参加して頂いた方々に何かが伝わったのではないかと思います。

当日は中京テレビさんのテレビ取材も来て頂きました。まだまだ社会的な認知の低い『吃音』に関する情報が少しでも多くの方に伝わればと思います。

参加して頂きました皆様、本当にありがとうございました。

img_0562 img_0563img_0564